東京中央地域産業保健センター

地域産業保健センターとは

 労働安全衛生法では、健康診断の結果、異常の所見があると判断された労働者に対し、健康を保持するために必要な措置について医師の意見を聴かなければならない、とされています。
 また、時間外労働時間および休日労働時間が一定時間を超える働き方をした労働者に対して、事業者は医師による面接指導の実施が義務付けられています。
 同法により常時50人以上の労働者を使用する事業場は、産業医を選任して健康管理等を行わせることとしていますが、労働者数50人未満の事業場には、産業医の選任義務がありません。
 そこで、産業医の選任義務がない事業場においても広く産業保健サービスが受けられるよう、独立行政法人労働者健康安全機構が国の支援を受けて、都内各労働基準監督署(支署)単位に東京産業保健総合支援センター地域窓口(地域産業保健センター)を設置し、無料で、意見聴取や面接指導を行っております。その中で、東京中央地域産業保健センター(以下当センター)は、千代田区、中央区、文京区、伊豆諸島の地域を対象とした窓口となっております。

サービスをご利用頂くためには

当センターをご利用いただくためには、まず事業所の新規登録が必要となります。

東京中央地域産業保健センター 利用・登録申込書を当センター宛てFAXしてください。

「東京中央地域産業保健センター 利用・登録申込書」(別紙PDFを印刷してお使い下さい)

既に、事業所登録済の場合には、以下のサービスを受けることが可能となりますが、まず当センターに対し、電話による事前予約が必須となります。電話にて事前予約をして頂いたうえで、ご希望のサービスについて、各々手続きの流れに従って申込書、必要書類の提出をお願いいたします。
電話番号は03-3666-0131です。(受付時間 午前9時~午後5時)

(1) 労働者の健康管理に係る相談(健康相談)
 a. 脳・心臓疾患リスク者保健指導
 b. メンタルヘルス不調者相談・指導
 c. ストレスチェック相談・指導
[サービス内容]
労働安全衛生法に定められている健康診断で、脳・心臓疾患関係の主な検査項目に異常所見があった労働者に対して、医師等が指導を行います。
また、メンタルヘルス不調を感じている労働者に対して、医師等による相談・指導を行います。

「必要な手続きと書類(1)」(手続きの流れをご説明したものです)

「健康相談・面接指導利用申込書」(別紙PDFを印刷してお使い下さい)

「必要書類(1):現在の状況について」(別紙PDFを印刷してお使い下さい)

(2) 健康診断の結果についての医師の意見聴取(意見聴取)
[サービス内容]
健康診断の結果、「医師の診断欄」には「異常なし」「要観察」「要精密検査」「要治療」等の記入がされています。これらのうち「異常所見あり」と診察された労働者に対して、その健康を保持するために必要な「就業上の措置」について医師から意見を聴くことができます。(労働安全衛生法第 66条の4)(但し、医療行為は行っておりません)

「必要な手続きと書類(2)」(手続きの流れをご説明したものです)

「健康相談・面接指導利用申込書」(別紙PDFを印刷してお使い下さい)

「必要書類(2):健診結果の医師意見書聴取リスト(名簿)」(別紙PDFを印刷してお使い下さい)

(3) 長時間労働者に対する面接指導
[サービス内容]
長時間にわたる労働により疲労の蓄積した労働者に対してして医師による面接指導を行います。(労働安全衛生法第66条の8、第66条の9)

「必要な手続きと書類(3)」(手続きの流れをご説明したものです)

「健康相談・面接指導利用申込書」(別紙PDFを印刷してお使い下さい)

「必要書類(3)-1:医師による面接指導申出書」(別紙PDFを印刷してお使い下さい)

「必要書類(3)-2:労働時間等に関するチェックリスト」(別紙PDFを印刷してお使い下さい)

「必要書類(3)-3:長時間労働者への面接指導問診票」(別紙PDFを印刷してお使い下さい)

(4)-1 ストレスチェックに係る高ストレス者に対する面接指導
(会社ご担当者との事前面接(ストレスチェック制度内容等)

「必要な手続きと書類(4)-1」(手続きの流れをご説明したものです)

「健康相談・面接指導利用申込書」(別紙PDFを印刷してお使い下さい)

「必要書類(4)-1:ストレスチェック実施状況報告書」(別紙PDFを印刷してお使い下さい)

(4)-2 ストレスチェックに係る高ストレス者に対する面接指導
(ご本人との面談)
[サービス内容]
事業場でストレスチェックを行い、高ストレス者に認定された労働者からの申出があった者に対し、医師による面接指導を行います。(労働衛生安全法66条の10)なお、当センターでは、本人面接を行う前に、法人のご担当者から制度内容等について事前相談を行います。

「必要な手続きと書類(4)-2」(手続きの流れをご説明したものです)

「必要書類(4)-2-1:高ストレス者の医師による面接指導申込書」(別紙PDFを印刷してお使い下さい)

「必要書類(4)-2-2:医師による面接指導申出者」(別紙PDFを印刷してお使い下さい)

「必要書類(4)-2-3:労働時間等に関するチェックリスト」(別紙PDFを印刷してお使い下さい)

(5) 個別訪問による産業保健始動の実施

個別に電話でご相談下さい

(6) 産業保健に係る情報提供

個別に電話でご相談下さい

当センターのご利用は無料ですが、ご利用回数には制限があります。具体的には、事業年度(4月~3月)で1事業場あたり2回まで、労働者1人あたり2回までです。ご相談内容は秘密厳守ですが、医療行為は行っていません。
なお、医師面談は予約制で行っており、次の面談の方がお待ちになっておりますので、面談予定時間の厳守等についてご協力頂きたく宜しくお願いいたします。

以上の手順、利用内容の詳細については、 まず、当センターに電話で事前予約頂いたうえで、ご確認下さい。

東京中央地域産業保健センターの
ご案内

名称
日本橋医師会人形町ビル4F
住所
〒103-0013
東京都中央区日本橋人形町2-32-4
TEL 03-3666-0131
(受付時間:午前9時00分~午後5時00分迄)
FAX 03-3669-5576

○東京メトロ日比谷線・都営地下鉄浅草線 人形町駅 A1出口から徒歩5分

※2018年3月17日より人形町駅改装工事に伴い、A1出口が閉鎖となります。
工事期間中は道路を挟んだA2出口をご利用ください。

○東京メトロ半蔵門線 水天宮前駅 7番出口から徒歩7分

【道順】

甘酒横丁交差点を甘酒横丁通りに入って頂き、『玉英堂』を右手に見ながら明治座方面へ直進し、『凡味』と『人形町ロータリービル』の間にあるビルの4階になります。
入口にある「中央区おとしより相談センター」の黄色いのぼりを目印にお越しください。

1階の中扉が閉まっている場合がありますので、その際はインターホン電話で40番を呼び出し、産業医面談で来訪の旨お伝えいただいてからエレベーターで4階へお越し下さい。